精神科・神経科・心療内科 みなとメンタルクリニック
HOME お問い合わせ アクセス
メンタルコラム
朝日新聞連載 「こころ元気ですか〜女性編」
第3回 親しい人をなくした
ケイコさん(34)は、少し落ち着かない様子で診察室に入ってきました。顔はすでに泣き顔です。涙をこらえながら、いきなり「自殺したい」と切り出しました。夫が2カ月前に借金返済のために自殺したというのです。「保険金で借金を返済しましたが、夫を死なせてしまった自分が許せません。もう生きていけません」とただ泣くばかりです。
葬儀が終わり一段落してからほとんど寝られず、食事ものどを通らなくなったといいます。落ち着きがなくなり、一日中家の中をうろうろしています。「心配で見ていられない」と、妹さんが私のところに連れてきました。
配偶者や子どもなど大切な人を亡くすと、非常に大きなショックを受け、絶望感から、うつ病になってしまうことがあります。今回は、自殺の危険性が迫っているので、入院させるか、速やかに鎮静剤などで落ち着かせなければならなりません。しかし、ケイコさんは「子どもに心配をかけるので入院は嫌だ」と言い張ります。家族とも相談し、家族が目を離さないように注意し、家で服薬しながら様子を見ることにしました。精神安定剤と鎮静系の抗うつ薬を処方し、家族からは毎日状態を報告してもらうことにしました。ケイコさんは3日おきに来院し、心配な時は私からも電話を入れるようにしました。
こうした状態の時には十分時間をかけて、悲しませてあげることが大切です。家族が寄り添って孤独感を取り除き、本人に心の内を吐き出させ、それを共有します。そして、失ったものは戻らないと納得させます。こうした「喪の作業」をへて、ようやく死を冷静に受け止められるようになるのです。
 
うつ病の場合、気分転換をさせようと、患者が気が進まないことに誘ったり、「元気を出して」などと叱喀激励するのはよくありません。
ケイコさんは、数週間もすると、薬が効いで落ち着きを取り戻してきました。そして、「自分がもつと注意をしていれば……「いっそ自己破産すればよかった」と、これまで言わないように我慢してきた、つらい心のうちを家族に訴えるようになってきました。家族は同じ内容の訴えにも根気強く耳を傾けました。
やがて、ケイコさんは「自分の周りには、自分を気遣って支えてくれる人がいる。残された子どものためにも前向きに生きなければ」と考えられるようになり、少しずつ元気を取り戻していったのです。
メンタルコラムインデックスへ戻る BACK NEXT
お知らせ
・テレビ出演について
H28.10.27(木)「Abewa prime ざっくり社会学」に出演しました。
H28.5.25(水)テレビ東京15:55からの「L4 you 体の不調 今話題の心療内科 仮面うつ&子ども依存」の生放送に出演しました。
出演の様子を公開しました。
・精神保健指定医
・日本医師会認定産業医
・自立支援医療について
自立支援医療は平成22年の4月1日から2年ごとの更新になります。
※この手続きをすると、診察代及び、薬代が本来の3割負担から1割負担となります。
・性同一性障害のカウンセリング
ただいまカウンセリングは行っておりませんので、ご了承ください。
メンタルコラム
メディア・講演情報
お問い合わせ
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Minato Mental Clinic All Rights reserved. サイトマップ プライバシーポリシー