桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分 | 祝日以外、毎日診療
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科
一般内科

みなとメンタルクリニック

精神科の往診もあります。ご希望の方はお電話ください。

― ご予約は予約サイトかお電話で ―

045-663-5925

診療時間内

menu

メンタルコラム

第3回

親しい人を亡くした

ケイコさん(34)は、少し落ち着かない様子で診察室に入ってきました。顔はすでに泣き顔です。涙をこらえながら、いきなり「自殺したい」と切り出しました。夫が2カ月前に借金返済のために自殺したというのです。「保険金で借金を返済しましたが、夫を死なせてしまった自分が許せません。もう生きていけません」とただ泣くばかりです。
葬儀が終わり一段落してからほとんど寝られず、食事ものどを通らなくなったといいます。落ち着きがなくなり、一日中家の中をうろうろしています。「心配で見ていられない」と、妹さんが私のところに連れてきました。

配偶者や子どもなど大切な人を亡くすと、非常に大きなショックを受け、絶望感から、うつ病になってしまうことがあります。今回は、自殺の危険性が迫っているので、入院させるか、速やかに鎮静剤などで落ち着かせなければならなりません。しかし、ケイコさんは「子どもに心配をかけるので入院は嫌だ」と言い張ります。家族とも相談し、家族が目を離さないように注意し、家で服薬しながら様子を見ることにしました。精神安定剤と鎮静系の抗うつ薬を処方し、家族からは毎日状態を報告してもらうことにしました。ケイコさんは3日おきに来院し、心配な時は私からも電話を入れるようにしました。
こうした状態の時には十分時間をかけて、悲しませてあげることが大切です。家族が寄り添って孤独感を取り除き、本人に心の内を吐き出させ、それを共有します。そして、失ったものは戻らないと納得させます。こうした「喪の作業」をへて、ようやく死を冷静に受け止められるようになるのです。

うつ病の場合、気分転換をさせようと、患者が気が進まないことに誘ったり、「元気を出して」などと叱喀激励するのはよくありません。
ケイコさんは、数週間もすると、薬が効いで落ち着きを取り戻してきました。そして、「自分がもっと注意をしていれば……「いっそ自己破産すればよかった」と、これまで言わないように我慢してきた、つらい心のうちを家族に訴えるようになってきました。家族は同じ内容の訴えにも根気強く耳を傾けました。
やがて、ケイコさんは「自分の周りには、自分を気遣って支えてくれる人がいる。残された子どものためにも前向きに生きなければ」と考えられるようになり、少しずつ元気を取り戻していったのです。

髙橋顧問(前院長)が朝日新聞にて2002年に連載した、女性のこころの健康状態にスポットをあてた「こころ元気ですか~女性編」に一部加筆、修正を加えたものです。
みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診療時間・休診日
 
AM 9:00~13:00
10:00

13:00
PM 14:30~19:00
14:00

17:00
14:00

17:00
休診日:祝日
最終受付時間:AM・PMそれぞれ診療時間の30分前まで
感染予防、密な接触を避けるため、日曜の診療をご希望の方は、できるだけご予約をお願いいたします。
被災地支援のため、第四または第五金曜~日曜は院長が不在です。その際の担当医師は「重要なお知らせ」に掲載いたします。
ご予約
予約サイトまたはお電話でご予約ください
045-663-5925

診療時間内

往診をご希望の方はお電話ください。         
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F