桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分 | 祝日以外、毎日診療
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科
一般内科

みなとメンタルクリニック

精神科の往診もあります。ご希望の方はお電話ください。

― ご予約は予約サイトかお電話で ―

045-663-5925

診療時間内

menu

メンタルコラム

第8回

声が出ない:心理的な不安自覚して

マミさん(19)は医学部の学生だ。三日前から声が出なくなり、食物ののみ込みも悪くなったので、母親と来診した。
二年生になってから試験が続き、カフェインの錠剤を飲み、毎日深夜まで勉強を頑張っていた。病院実習や解剖実習も始まり、忙しく過ごしていた。
ところが、担当教官に実習の態度を「もっとまじめにやるように」と注意され、ショックを受けた。その直後から声が出なくなってしまったという。

マミさんは「実習は嫌い。大学をやめたい。でも、母親に期待されているし、心配をかけられない」と筆談で訴えた。
診察ではマミさんの症状や経過を聞き、気になっていることや悩んでいることを引き出し、心理的な葛藤や不安を自覚させるようにした。そして、「これからどうしたいかを自分で考えてみよう」と話した。
そのころ、マミさんは町で自転車に乗った子供が転びそうになるのを見て、「あーっ」と声が出た。それをきっかけに急に話せるようになった。
だが数日後、また声は出なくなってしまい、母親と三人でのカウンセリングを続けた。

母親は、「父親は仕事で不在がち。義父母や親類に認めてもらいたくて、娘を立派に育てようと思ってきた」と話した。
一方、マミさんは、「今まで母の言う通りにしていれば、なんでもうまくいった。こんな時代だから、手に職をつけておきなさいと言われ、あまり考えずに医学部に進んだ」と話した。
結局、マミさんは一年間休学して、その間に自分のやりたいことを考えることにした。そう決めると、うそのように声が出るようになった。
現在は元気にアルバイトをしていて、「復学するかどうかも含め、母とちゃんと将来のことを相談したい」という。

マミさんのような症状は心因性失声という。かつてはヒステリーと呼ばれたが、現在は身体表現性障害の中に分類される。物が見えなくなったり、手足が動かなくなったり、痛みを感じなかったりする場合もある。
女性に多く、マミさんのように過剰なストレスが続いている時に起こりやすい。意図的にやっているのではないが、結果的に周囲の同情や関心を得て、自分のやるべきことから免れ、不安を軽減できる。
まず原因となっている不安やストレスを知り、解決法を探すことが重要だ。

髙橋顧問(前院長)が朝日新聞にて2002年に連載した、女性のこころの健康状態にスポットをあてた「こころ元気ですか~女性編」に一部加筆、修正を加えたものです。
みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診療時間・休診日
 
AM 9:00~13:00
10:00

13:00
PM 14:30~19:00
14:00

17:00
14:00

17:00
休診日:祝日
最終受付時間:AM・PMそれぞれ診療時間の30分前まで
感染予防、密な接触を避けるため、日曜の診療をご希望の方は、できるだけご予約をお願いいたします。
被災地支援のため、第四または第五金曜~日曜は院長が不在です。その際の担当医師は「重要なお知らせ」に掲載いたします。
ご予約
予約サイトまたはお電話でご予約ください
045-663-5925

診療時間内

往診をご希望の方はお電話ください。         
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F