桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分 | 祝日以外、毎日診療
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科
一般内科

みなとメンタルクリニック

精神科の往診もあります。ご希望の方はお電話ください。

― ご予約は予約サイトかお電話で ―

045-663-5925

診療時間内

menu

メンタルコラム

第9回

男性が怖い:過去をみつめ、記憶の整理を

会社員のユウコさん(22)は母親と二人暮らしだ。問診票には「男性が怖い」とある。
三か月前、仕事で遅くなり、駅で電車を待っていたら、近くにいた酔った男性二人が口論から殴り合いになった。駅員が止めに入り、大きな騒ぎにはならなかったが、見ていたユウコさんは立ちすくんでしまった。
「以来、夜になると苛立って、怖い夢も見るし、だんだん眠れないようになった。怒鳴り声にびくついて、テレビで乱暴なシーンを見ると気分が悪くなる。男性と話す時、緊張して、会社に行くのも嫌になった」というユウコさんの表情はこわばり、話を続けられなくなった。

抗うつ剤と精神安定剤を飲むことにしたら、二回目の診察では少し落ち着いてきた。
そこで、再び理由をたずねると、ユウコさんは幼い頃のことを泣きながら話し始めた。
「父は普段は優しかったが、怒ると手がつけられず、母をどなり、よく殴っていた。母をかばうと私も殴られた」という。
母親は「私は経済力がなく、娘のためにも離婚はできないと思っていた。どこに相談していいかもわからず、ただ耐えるしかなかった」と話した。

両親はユウコさんが小2の時に離婚し、それからは父親に会わず、過去を考えることもなかった。だが三か月前の出来事で突然、思い出してしまった。
ユウコさんは心的外傷後ストレス障害(PTSD)だ。恐ろしい体験をずっと「思い出したくない」と抑圧してきたが、ふとしたきっかけで激しい怒りと恐怖がこみ上げてきたのだ。

「小さな頃から神経質で内向的な自分が嫌いだった。私は異常なのでは」と聞くユウコさんに、「ひどい出来事を体験した人の当然の反応で、あなたは何も悪くない」と話した。
服薬とカウンセリングを続け、ユウコさんは母親や周囲の協力のもとで、少しずつだが、自分を誇れるようになり、男性に対しても大丈夫という気持ちを取り戻しつつある。
そして、過去を見つめ、父親の暴力は不当な虐待だったと認識し、心的外傷を普通の記憶として収めていく作業を続けている。

PTSDは通常、数週間から数か月おいて発症するが、ユウコさんのように幼児期に虐待を受けた場合などは、人格形成に影響し、より複雑になる。社会的不適応が長期化しないように注意が必要だ。

髙橋顧問(前院長)が朝日新聞にて2002年に連載した、女性のこころの健康状態にスポットをあてた「こころ元気ですか~女性編」に一部加筆、修正を加えたものです。
みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診療時間・休診日
 
AM 9:00~13:00
10:00

13:00
PM 14:30~19:00
14:00

17:00
14:00

17:00
休診日:祝日
最終受付時間:AM・PMそれぞれ診療時間の30分前まで
感染予防、密な接触を避けるため、日曜の診療をご希望の方は、できるだけご予約をお願いいたします。
被災地支援のため、第四または第五金曜~日曜は院長が不在です。その際の担当医師は「重要なお知らせ」に掲載いたします。
ご予約
予約サイトまたはお電話でご予約ください
045-663-5925

診療時間内

往診をご希望の方はお電話ください。         
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F