桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分 | 祝日以外、毎日診療
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科
一般内科

みなとメンタルクリニック

精神科の往診もあります。ご希望の方はお電話ください。

― ご予約は予約サイトかお電話で ―

045-663-5925

診療時間内

menu

メンタルコラム

第21回

神経って美しい

私が医学部専門課程で学んだこと:解剖学、組織学、発生学、病理学、生化学、生理学、薬理学、公衆衛生学、医動物学、法医学、内科全般、外科学、小児外科、産婦人科、小児科、脳神経外科、整形外科、胸部外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神神経科、神経内科、放射線科、麻酔科、口腔外科

いつも疑問に思っていた。何でこの人たちは、きれいに治らないのだろうと。

1952年にフランスで、麻酔薬であったクロルプロマジンが精神疾患に効果があると発見され、1955年頃から日本で使われだした。次いでイミプラミンやクロルジアゼポキシドが開発されていった。動物に使っていたリチウム塩も、炭酸リチウムとして商品化されていった。降圧剤のレセルピンも効果があった。

私が精神神経科に入局する以前は、インシュリンショック療法やロボトミー手術ということが行われていた。電気ショック療法は今でも行われているが、一時的に効果があるか、あまり効果が無いかで、永続的に著効するものではなかった。イソミタールインタビューをしてもうまく聞き出せない。今では思う。当たり前だ。本人の考えが、ほとんど無いのだから。まとまっていないのだから。ホルモン療法は多少効果はあったが、会社適応という面では、そのレベルまでには達しなかった。臨床心理士が心理テストやカウンセリングをして、その間のつなぎはできたが、患者の進歩は少なかった。クレぺリンやテーレを読んでも、私にはよくわからなかった。現代精神医学体系は、25巻まであったが、どれも同じようなことが書かれていた。
精神症状だけは、頭にいれた。診断も治療も、教授も助教授も、試行錯誤だった。だから、私には恩師と呼べる先輩がいない。
ただ徹夜してとった、終夜脳波だけは、納得できた。あの頃は紙の時代で、患者が寝ている約8時間の脳波をとり、分厚い脳波の紙の束を解析した。

みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診療時間・休診日
 
AM 9:00~13:00
10:00

13:00
PM 14:30~19:00
14:00

17:00
14:00

17:00
休診日:祝日
最終受付時間:AM・PMそれぞれ診療時間の30分前まで
感染予防、密な接触を避けるため、日曜の診療をご希望の方は、できるだけご予約をお願いいたします。
被災地支援のため、第四または第五金曜~日曜は院長が不在です。その際の担当医師は「重要なお知らせ」に掲載いたします。
ご予約
予約サイトまたはお電話でご予約ください
045-663-5925

診療時間内

往診をご希望の方はお電話ください。         
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F